0コメント

打ち合いの末Rマドリードに敗れたベティス、指揮官は「BBCを起用してもらいたかった」

2018年02月19日 23時10分 サンスポ
 19日のリーガエスパニョーラ第24節、ベティスは本拠地ベニト・ビジャマリンでのRマドリード戦を3-5で落とした。キケ・セティエン監督は試合後、RマドリードがFWカリム・ベンゼマ、MFガレス・ベイル、FWクリスティアーノ・ロナウドのBBC全員を起用することを望んでいたと話している。 ジネディーヌ・ジダン監督はこの試合でベンゼマをベンチに置き、C・ロナウド&ベイルを2トップとする4-4-2システムを採用。セティエン監督は、BBCを使った4-3-3のRマドリードの方が、攻略が容易であったとの考えを述べた。 「私たちはできる限りのことをしたよ。少し失望を感じるね」 「Rマドリードについては、ルーカス...
続きを読む
コメント
  • まだコメントがありません

コメントはアプリから書き込むことができます。
アプリをダウンロードしてご利用ください。