0コメント

ヤクルト・山田が一回に先制打 「追い込まれていたのでコンパクトにいきました」

2017年08月13日 15時10分 サンスポ
 (セ・リーグ、中日-ヤクルト、19回戦、13日、ナゴヤD)ヤクルト・山田哲人内野手(25)が中日戦(ナゴヤドーム)で先制タイムリーを放った。 一回二死二塁。フルカウントからのフォークボールを右翼線へ運ぶ適時二塁打。打球に飛び込んだ右翼手・藤井のグラブに一度は収まったものの、その後にこぼれた。 8試合連続安打をマークした山田は「追い込まれていたのでコンパクトにいきました」と振り返った。
続きを読む
コメント
  • まだコメントがありません

コメントはアプリから書き込むことができます。
アプリをダウンロードしてご利用ください。